作業員

引越しを大きく左右する格安業者の選び方イロハ

少ない荷物に最適

ウーマン

近場だと料金が安い

日本では入学や転勤の時期がはっきりしており、3月や4月が引越しシーズンとされています。また8月や9月にも入学式や転勤があるところもあり、この2シーズンが引越しピーク時期とされています。引越しにも、単身や学生などの荷物が少ないパターンや、近場での移動から、県や島をまたいでの遠方への引越し・大家族の引っ越しなど、さまざまなパターンがあります。単身者や学生の引越しや、近場での移動では赤帽が安くて人気があります。赤帽とは、軽貨物自動車で運搬をする、貸切の運搬サービスです。軽貨物自動車タイプなので運搬する荷物の重さや高さなどに制限がありますが、高さでは180センチほどのものも運べるなど、使い勝手のいい運送車です。

急ぎの時にも対応

赤帽サービスは個人経営者により運営されており、急な配送や定期配達などでも役立っています。赤帽は引越しにも使えますが、引越を専門としている業者ではありません。荷物の制限や、運搬人数・養生をするかどうか・荷物の故障や傷に対しての保証などは、契約前に確認をする必要があります。単身や学生などといった軽トラックに積み込める荷物量が最適と言えます。赤帽の最大のメリットは費用が安価だということです。引越しの料金を安くしたい場合や、近場の引越しで冷蔵庫や洗濯機など自分で運べないものだけ赤帽にお願いし、服や小物は自分の自家用車で運搬するといった引越しの際に赤帽が最適です。運転手と依頼主での運搬になるため、積み込む荷物の重さなどは注意しましょう。