男女

引越しを大きく左右する格安業者の選び方イロハ

安く快適に利用するコツ

荷造り

新しい土地への引越しが決まったら、費用の一括見積もりをすることが大事です。相場がわかるので値引き交渉しやすくなります。また、東京への引越しは春が割高になるので、安く済ませたいなら閑散期の夏に引越すのがお勧めです。

もっと読む

業者選びが重要

メンズ

引越し業者選びで覚えておきたいのが、業者によって料金が異なっていることです。そのため、最低でも3社から見積もりを取るようにしましょう。引越し業者は金額だけでなく、サービス、口コミの評価の高さなども調べる必要があります。料金の安さで選ぶと、問題が起きた時に対応してくれない事もあるので、用心しましょう。

もっと読む

引っ越しテクニック

電卓と業者

安すぎる料金は注意

引越し業者を選ぶときは、格安料金に気を遣う必要があります。格安料金を提示してくる業者は、格安料金の前提として、何らかの制約を設けていることがあります。例えば、業者側のスタッフのみが働くのではなく、依頼人も引越しの手伝い人員に数えることで格安料金を提供できている業者があります。また、基本料金とは別途で、荷物の量次第で追加料金が発生することもあります。そのため契約をする前に、しっかりと契約の規約を確認してから申し込みましょう。そうすることで、料金支払いでのトラブルを未然に防げます。また、最近は口コミサイトなどで引越し業者の評判を確かめることも可能となっています。業者のホームページやお客からの評判を総合的に判断しましょう。引越し業者を選ぶときは、なるべく多くの業者から見積もりを請求して、料金やサービス面などをよく比較してから決めるようにしましょう。わからないことがあれば、事前に問い合わせをしておきましょう。

努力も必要

引越し料金を格安にしたいのであれば、業者だけに頼らずに自分達の努力も必要です。荷造りする際はダンボールやガムテープなどの資材を出来るだけ自分達で調達するようにしましょう。多くの引越し業者は無料でダンボールを提供してくれますが、枚数に上限があったり引越しした後に梱包材として追加料金を請求される場合があるので、業者に頼りすぎるのは良くありません。通販等であまったダンボールやスーパーであまったダンボールを利用して、なるべく自分達で梱包材を調達するようにしましょう。荷造りを引越し業者に依頼することもできますが、その場合は料金が倍近くに跳ね上がってしまうので、なるべく自分達で荷造りするようにしましょう。

少ない荷物に最適

ウーマン

赤帽は日本全国にあり、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会に加盟しているドライバーが行う運送です。単身や学生といった荷物が少なめの引越しや、近場での引越しの際には価格が安く済むことで人気がある引越しサービスになります。

もっと読む